顧問契約とは

山下江弁護士.jpg 弁護士が企業様に対し、一定の期間にわたって継続的に、企業様の行に対して法律上の助言を行うことを内容とする契約です。

顧問契約のメリット


顧問弁護士のメリットとして、次の5つが挙げられます。

1.速やかな相談・対応 (電話・メール等での相談も可能)
2.企業様の実情を知った弁護士が対応
3.法的トラブルの防止(予防法務)
4.法務コストの削減(アウトソーシング)
5.企業様の信頼の向上など

※顧問契約の特徴についてはこちらをご覧ください。

1.速やかな相談・対応(電話・メール等での相談も可能)

通常の法律相談は面談形式で行いますので、事前予約の上ご来所いただく必要があります。
この点、顧問契約を締結いただければ、ご来所いただかなくても、電話やメールで直ぐに相談できますし、弁護士に相談すべきかどうか迷ってしまうようなちょっとした法律問題についても、気軽に相談できます。

2.企業様の実情を知った弁護士が対応

顧問契約を締結いただきますと、一定の期間、弁護士との関係が続きますので、弁護士は企業様の業務内容や内情を把握し、的確なアドバイスをすることができます。企業様も弁護士の人柄が分かり、互いに信頼関係を深めた上で相談をすることができます。

3.法的トラブルの防止(予防法務)

法的トラブルがいったん発生してしまうと、その解決により多くの時間、費用や労力がかかってしまいます。
顧問契約を締結いただいて弁護士にこまめに相談することによって、法的トラブルの発生・拡大を未然に防ぐことができ、これらのコスト負担を免れたり、低く抑えることができます。

4.法務コストの削減(アウトソーシング)

企業様が優秀な法務担当者を採用し、社内だけで法的トラブルに対応していくのは、企業様にとって大きな負担です。
顧問契約を締結いただいて、企業様の法務部門を弁護士にアウトソーシングすることにより、企業様の法務コストを大幅に削減することができます。

5.企業様の信頼の向上など

顧問契約を締結いただくことにより、企業様の対外的な信頼が高まるとともに、ときに法的トラブルの発生を抑制・牽制する効果があります。

顧問契約のサービス内容


顧問契約を締結いただきますと、下記サービスをご利用いただけます。

①法律相談
②法律関係調査
③契約書等の書面チェック
④各種法律問題に関するセミナー・研修の講師、出張相談
⑤企業法務セミナーへの参加無料

※上記①~③につきましては、相当の業務量がある場合は別途費用をいただくことがあります。
※上記④の費用につきましては、別途ご相談ください。
※上記⑤につきましては、懇親会開催の場合、懇親会費はご負担いただきます。


おもな顧問契約先


総合建設業会社,空調等設備会社,土木資材製造販売会社,船舶製品製造販売会社,工作機械製作販売会社,木材製剤販売会社,電子・電気部分の製造・販売、音響映像製作販売会社,業務用プラント設計会社,酒造メーカー,バイオ事業会社,産廃処理会社,IT関連会社,コンピューターソフト会社,不動産会社,マンション管理組合,海運会社,運送(陸)会社,人材派遣会社,ネット販売会社,ビデオ等レンタル会社,ネットカフェ運営会社,探偵社,調査会社,飲食店,社交飲食組合,ゴルフ場経営会社,墓園管理販売会社,新聞社,学校法人,眼科医院,個人など約80社。


→顧問契約の特徴についてはこちらをご覧ください。
→開示にご同意を頂いた顧問契約企業様についてはこちらをご覧ください。


顧問料について(消費税別)


原則 月5万円~
※企業規模等を踏まえて、ご相談に応じます。

なお、法律顧問料は全額経費処理できますので、実質的な負担は顧問料の半額程度といえます。
また、個人に対する顧問料は月5,000円~です。
また、当職は広島弁護士会所属の弁護士ですが、広島県以外の企業様でも、相談方法が、電話やメールが主体になることをご了承いただけるのであれば、顧問契約を締結し、顧問弁護士としての職務を遂行させていただきます。

※顧問料は、消費税8%を前提にしたものです。消費税率が変動した場合は、それに応じて顧問料も変動します。



お気軽にお問合せ下さい!
tel2013062.png