企業法務に強い顧問弁護士なら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

事務局コラム 2019.2

事務局の近況をコラム形式で連載します。ぜひご覧ください。

「笑いじわを刻む」 S.A 2019.2

 ここ2~3年、お笑いにどっぷりはまっている。きっかけは、Youtubeで偶然見たお笑い芸人シソンヌのネタ。アイディア、構成、演技が抜群で笑い転げた。「芸人が最もライブを観に来る芸人」だそうだ。広島で冠番組を持っており、ロケで某町のお祭りに来たとき、iPhoneの背中にサインをもらった。機種変した今は大事に部屋に飾っている。
 TVはお笑い番組ばかり観るようになり、お気に入りの芸人がどんどん増えていった。昨年、福山で開催された、たくさんの芸人が出演するお笑いフェスで、サンドウィッチマンが投げたサインボールを(隣席の女性との熾烈な争いを制して)キャッチしたときは興奮した。
 最近は、ブレイクまであとちょっとの芸人数組を推しており、県外問わずライブを観に行っている。大きすぎない箱でのライブはステージが近く、漫才やコントを間近で観ることができ迫力を感じる。ライブ終わりに芸人と写真を撮れることもあり、ファンとの距離が近いのが嬉しい。広島はお笑い文化があまり浸透していないのか、他都市ではチケット完売のライブが、広島では空席があることも。推しの芸人のライブは満席になって欲しいが、カープのように人気に火がついてチケットが手に入らなくなるのも困りものだ。
 近々、その推しの芸人の単独ライブを観に行く予定がある。運良く最前列ど真ん中のチケットを手に入れているだけに、今からワクワクが止まらない。


「とある日のお笑いライブ(大阪)」

 

閉じる