企業法務に強い顧問弁護士なら広島最大級の

広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

弁護士-柴橋修

中小企業の法律問題の多くは、実は労務問題です。

従業員に労働審判を起こされた、労働訴訟を起こされた、労働組合から団体交渉を申し込まれた、このような場合は、スピーディかつ、適切な対応が求められます。些細に思われた残業時間の問題、就業規則の問題、社員とのちょっとしたトラブルが、労働組合を巻き込んで、経営の根幹を揺るがす大問題になることがあります。

労使紛争

閉じる