企業法務 広島で企業法務に強い顧問弁護士なら山下江法律事務所のロゴ

メールマガジンvol.58

山下江法律事務所

Yamashita Ko Law Office News Letter 2022/10 vol.58
KAIRO for BUSINESS

海路メルマガ版(for 企業法務)毎月1回刊行 転送フリー

企業法務コラムの紹介

<パワハラ防止法に罰則はないのか>

男性のアイコン画像男性
パワハラ防止法によってパワハラ対策が企業に義務付けられましたよね?対策しないと処罰されたりするのでしょうか?
結論から言うと、義務に違反しても罰則はありません。
男性のアイコン画像男性
そうなんですか?パワハラ対策には手間もコストもかかるので、罰則がないなら、しばらくこのまま様子をみたいのですが。。
パワハラ対策を行わないことは経営上の大きなリスクとなりうるので、罰則がなくてもきちんと対策すべきですが、まずはパワハラ防止法の内容を確認しておきましょう。

中小企業の法律問題の多くは、実は労務問題です

 従業員に労働審判を起こされた、労働訴訟を起こされた、労働組合から団体交渉を申し込まれた、このような場合は、スピーディかつ、適切な対応が求められます。些細に思われた残業時間の問題、就業規則の問題、社員とのちょっとしたトラブルが、労働組合を巻き込んで、経営の根幹を揺るがす大問題になることがあります。

事務局通信

◆「知らないと損をする!交通事故保険金のカラクリ」出版

 弊所会長/山下江はこのたび、書籍「知らないと損をする!交通事故保険金のカラクリ」を幻冬舎より発行しました。交通事故被害者が「後悔しない、損しない、泣き寝入りしない」方法を、交通事故に強い弁護士が伝授します。
 交通事故で、保険会社との交渉を弁護士に依頼すると、保険金が数十万円、数百万円、場合によっては一千万円以上増額することがあります。そのキーワードは二重基準。書籍ではこのカラクリについて説明しています。
 全国の主要書店やAmazon、楽天ブックス、セブンネットショッピング、TSUTAYAオンラインなどでご購入頂けます。 

◆事務局コラム

 最近、趣味を探していて、ゴルフをしたり、筋トレをしたり、ペン字講座をしたり、いろんなことに挑戦しています。その中でも、一番夢中になっているのは、写真を撮ることです。まだ一眼レフのカメラは持っていないのですが、近年iPhoneが進化して、iPhoneでもおおかた一眼レフ並の写真を撮ることができます!
 まだ始めたばかりで、フォトグラファーみたいな写真を撮ることは到底不可能ですが、いろんな方の写真を拝見し、どういう画角や距離感がいいのか日々研究しています。

◆初回相談無料!電話相談・オンライン相談も可能です

 新型コロナウイルスに対する弊所の取り組みとして、下記を実施しております。

 1.面談の他、電話相談、オンライン相談も可能です。
 2.個人、企業すべての方を対象に、初回無料相談を行います。

 お困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。なお、オンライン相談はZoomを利用します(無料)。
  ご相談のご予約はこちら

 バックナンバー

 メルマガのバックナンバーは【こちら】からご覧頂けます。
 画像がうまく表示されない方は、このWEB上のバックナンバーをご覧ください。



広島本部:広島市中区上八丁堀4-27上八丁堀ビル703
呉支部/東広島支部/福山支部/岩国支部/東京虎ノ門オフィス

※本メールは、弊所所員が過去に名刺交換させて頂いたお客様や、セミナー等にご参加頂いたお客様に配信させて頂いております。
◆配信停止をご希望の方・・・【配信停止】に空メールをお送りください。
◆配信先の変更をご希望の方・・・【配信先変更】の本文に新しいメールアドレスをご記入の上、お送りください。

トップへ戻る
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約