企業法務 広島で企業法務に強い顧問弁護士なら山下江法律事務所のロゴ

目次

労務問題

些細に思われた残業時間の問題、就業規則の問題、社員とのちょっとしたトラブルが、労働組合を巻き込んで、経営の根幹を揺るがす大問題になることがあります。

中小企業の法律問題の多くは、実は労務問題です。

労務トラブルは根っこから解決して、一刻も早く前向きなテーマに取り組むのが、会社にとっても、社員にとってもベストです。

ここでは、最もご相談が多い、解雇の問題と、残業代問題について解説いたします。

従業員を解雇する場合

代表・田中弁護士のアイコン画像代表・田中弁護士
日本の労働法制では、従業員を簡単に解雇できませんので、ご注意を!
従業員に能力がない、そのような場合、経営者はつい「解雇して当然」と思ってしまいがちです。しかし、 今の日本の労働法制では、従業員をすぐに解雇するのは大変難しいので、合意退職に持ち込むのが順当と言えます。その一般的な方法をご説明します

残業代の未払い問題

代表・田中弁護士のアイコン画像代表・田中弁護士
未払い残業とはサービス残業のことで、残業代を払わずに残業させることです。未払いが発覚すると、労働基準監督署から「是正勧告」されることになります。「是正勧告」に従って是正しなければ、書類送検となり、罰せられる可能性もあります。この「賃金不払残業」の「是正勧告」で、 上場企業が数億円、数十億円支払ったケースもあります。このような場合、どのような対応をとるべきか、お伝えいたします。

弁護士コラム

労務問題について弁護士がコラム書いております。ぜひご覧ください。

企業法務セミナー

過去に当事務所が開催した、労務問題に関するセミナーをご覧頂けます。

「ポイント解説!有期労働契約の更新・雇止め」
vol.1「有期労働契約について」

トップへ戻る
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約